日本で体調不良になったらどうする?

こんにちは!浅草国際通りにありますブレズ薬局です!

日本を訪れている皆さん、旅行中に体調を崩してしまうこともあるかもしれません。特に気候の違いや、長時間乾燥した航空機内にいることで風邪を引いてしまうこともあると思いますが、どう対処すればいいか迷うこともありますよね。今回は、日本で風邪を引いたときの対処法について、薬局や病院の利用方法を詳しくご紹介します。

旅行中に風邪を引いてしまうと、慣れない環境で普段の生活以上に不便さを感じることがあります。しかし、日本には多くの薬局やドラッグストアがあり、症状に応じた市販薬を手軽に購入することができます。また、症状が重い場合には病院で診察を受けることも可能です。どちらの選択肢も安心して利用できるよう、具体的な方法を見ていきましょう。

薬局・ドラッグストアで市販薬を購入する

日本には全国に多くの薬局やドラッグストアがあり、風邪薬を簡単に購入することができます。風邪の症状に合った市販薬を選ぶ際は、薬剤師や登録販売者に相談することをお勧めします。翻訳アプリを使用すれば、言葉の壁を乗り越え、的確な薬を選ぶ手助けになります。また、症状を一言で示すことも、スムーズなコミュニケーションに役立ちます。【コチラ】の記事では、さまざまな症状を3つの言語でそれぞれ比較したページがありますので、よければ参考にしてみてください!

さらに、私たちブレズ薬局では英語や中国語をはじめ、タイ語、韓国語など多言語に対応しておりますので、日本語ができなくても安心してご来店ください。浅草は羽田空港、成田空港どちらからでも電車乗り換えなしで来ることができます。

薬局・ドラッグストアでの流れ:
  1. 薬局やドラッグストアに行く:日本全国に多数の店舗があり、大型のショッピングモールや駅の近くにも多くあります。予約は特に必要ありません。
  2. 薬剤師や登録販売者に相談する:まずは症状(例えば「咳」、「喉の痛み」、「鼻水」、「発熱」など)を一言で伝えましょう。翻訳アプリを使うとさらにスムーズです。
  3. 市販薬を購入する:相談を経て、症状に合った市販薬を購入します。

日本では、風邪薬の種類も豊富で、解熱剤、咳止め、鼻水を抑える薬などが揃っています。どのような薬が市販薬にあるのか、【コチラ】の記事も参考にしてください。

病院にかかる

風邪の症状が重い場合や市販薬では改善しない場合、病院にかかることを検討しましょう。日本の病院では、外国人患者にも対応しているところが増えており、英語が話せる医師もいます。

病院にかかる手順:
  1. 予約をする:大きな病院では予約が必要な場合があります。電話やオンラインで予約できます。
  2. 診察を受ける:保険証を持参するか、旅行保険に加入している場合は保険証券を持参しましょう。
  3. 費用について:日本での医療費は比較的高い場合がありますが、保険に入っていれば負担を軽減できます。

具体的な手順については【コチラ】、費用に関しては【コチラ】の記事で詳しく紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

まとめ

日本で風邪を引いた場合、まずは薬局やドラッグストアで市販薬を購入し、軽い症状ならこれで対処できます。症状が重い場合や市販薬では改善しない場合は、病院にかかるのが良いでしょう。それぞれの方法を上手に利用して、安心して日本での滞在を楽しんでくださいね!

健康で楽しい旅行をお祈りしています!